英語で自己紹介!名詞の置き換えだけで誰でも自己紹介できる便利例文集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

初対面でば必ず最初に自己紹介ですよね。第一印象を左右する大切なコミュニケーションですが、英語でも自己紹介で話すことは大体予測できます。ですので、自分の自己紹介文を事前に用意している者勝ちです!

ここで紹介する音声付き例文の名詞を置き換えれば、誰でも簡単に自己紹介ができるようになります。みなさんも是非、自己紹介の台本をつくっておきましょう!

1. 「はじめまして。〇〇です。」

はじめまして

自己紹介をするのはほとんど初対面の時ですよね。英語の「はじめまして」で自己紹介を始めましょう。いろんな言い方ができますが、大抵の自己紹介はこの2つでオッケーです。

Nice to meet you. はじめまして。

It’s very nice to meet you.はじめまして。

名前は〇〇です

自己紹介では「初めまして」の後に必ず自分の名を相手に伝えます(What’s your name?と聞かれる前に名乗ります)。I’mで「私は」と言っても、My name isで「私の名前は」と言ってもどちらでも構いません。また、それらを言わずに握手をしながら自分の名前だけを言う人もいます。

I’m Hiroyuki.ヒロユキです。

My name is Hiroyuki.私の名前はヒロユキです。

〇〇と呼んでください

日本人の名前は英語で発音しにくいことが多いので、ニックネームや省略名を用意して「〇〇と呼んでください」と言えるようにしておくとスムーズな自己紹介ができます。

Call me Hiro.ヒロって呼んでね。

You can call me Hiro.呼ぶのはヒロでいいですよ。

また、親切に一生懸命発音しようとしてくれる外国人もいらっしゃいますが、そんな時は「発音難しいと思うから〇〇って呼んでね」と言ってあげるといいでしょう。

I know it’s hard to pronounce my name so just call me Hiro.発音するの難しいと思うからヒロって呼んでね。

相手の名前が聞き取れなかった時の助け舟

外国人の名前も日本人にとっては発音しにくいことが多いですよね。聞いたこともないような名前の人もいますし、聞き取れなかった時の助け舟として「アルファベットでどうやって書くの?」というフレーズを用意しておきましょう。

How do you spell your name?あなたの名前はどうやってスペルするのですか?

2. 出身地や育った場所について

boy back

Where are you from?

英語の自己紹介では名前の次に出身地を尋ね合うことが多いです。いろんな尋ね方がありますが、以下のフレーズだけ覚えておけばオッケーです。

Where are you from?どちらの出身ですか?

〇〇出身です

海外での外国人との自己紹介では出身国名を伝えますが、日本にいる場合は都道府県名で出身地紹介をするといいでしょう。

I’m from Tokyo.東京出身です。

I was born and raised in Tokyo.東京で生まれ育ちました。

ちなみに、自己紹介のはじめに自分の名前と出身地をまとめて言うこともできます。特に海外での外国人との自己紹介では、相手に「アジアのどこの国の人だろう?」と思われることが多いので、名前と一緒に国名を伝えることで相手もすぐにスッキリできます。

I’m Hiro from Japan.ヒロです。日本人です。

〇〇生まれ、〇〇育ちです

生まれた場所と育った場所が異なるバックグラウンドの方もたくさんいらっしゃいますよね。そんな方は以下のように英語で出身地紹介ができます。

I was born in Osaka but brought up in Tokyo.大阪で生まれましたが、東京で育ちました。

I was born in Osaka, but I grew up in Tokyo.大阪で生まれましたが、東京で育ちました。

また、出生地に少し住んでいたけれど、小さい頃に引っ越したという方もいらっしゃると思います。そんな方は以下のように英語で伝えることもできます。

I’m originally from Osaka, but I moved to Tokyo when I was little.元々は大阪ですが、小さい時に東京に引っ越しました。(ですので実際に育ったのは東京です。)

Where in Japan?

あなたの出身地について知っていたり興味がある人だと、出身地を伝えた時に以下のように「日本のどこ?」「〇〇県のどこ?」と聞いてくることがよくあります。

Where in Japan?日本のどこですか?

Which area in Tokyo?東京のどこらへんですか?

〇〇の〇〇出身です

海外での外国人との自己紹介中に「日本のどこ?」と尋ねる人は、日本に行ったことがあったり、行ってみたいと思っていたり、日本人の知り合いがいたりして、その話を少し膨らませたい人が多いです。この質問には、「来たことある?」「知ってる?」などと一緒に返答すると、相手の意図に合った返しになります。

Tokyo. Have you been there?東京です。行ったことありますか?

Near Shinjuku. Do you know where that is?新宿の近くです。新宿がどこかわかりますか?

3. いま住んでいる場所について

girl standing

Where do you live?

いま住んでいる場所を尋ね合うのも自己紹介の定番ですよね。英語で尋ねる時はこちらもシンプルにいきましょう。

Where do you live?どこにお住まいですか?

〇〇に住んでいます

住んでいる地域名で答えるか、自己紹介をしている現場の近くに住んでいれば「この辺りです」と答えるのもありでしょう。

I live in Tokyo.東京に住んでいます。

I live around here.この辺に住んでいます。

ここから〇〇のところに住んでいます

地域名を言わずとも、自己紹介をしている場所からどれくらいの距離のところに住んでいるかを答えるのもありです。

Around here. It only takes about 10 minutes by walk to my place.この辺に住んでいます。歩いて10分くらいのところです。

I live in Yokohama, which is about 30 minutes away from here by train.横浜に住んでいます。ここから電車で30分くらいです。

この二つ目の文章のwhichは横浜を指していて、which以降で横浜の説明しているという文章の構造になっています。

When/Why did you move here?

生まれ育った場所と今住んでいる場所が違う方もたくさんいらっしゃると思います。そんな方は出身地の自己紹介の後に「いつ、どんな理由でここに」という話をすることになります。英語での尋ね方は以下のようになります。

When did you move to Tokyo?いつ東京に移ってきたのですか?

What brought you here?なぜこちらに移ってきたのですか?

comeは「訪れる」という意味で、moveは「移り住む」という意味を持ちます。本章の自己紹介では住んでいる場所の話をしていますので、moveの方がより適切な英語です。逆に旅行先などでの自己紹介にはcomeを使うといいでしょう。

また、移ってきた理由を尋ねるにはWhy did you move here?よりも、「持ってくる」という意味のbringを使って聞く方が圧迫感のない理由の尋ね方になります。その他にも「どれくらいここに住んでいるの?」という質問もよく尋ねられます。

How long do you live in Tokyo?どれくらい東京に住んでいますか?

仕事、学校のために移ってきました

自己紹介での「何のためにここに?」という質問に対しては「仕事のために」「大学のために」というような簡単な理由を伝えればオッケーです。

I moved to Tokyo for work.仕事で東京に移ってきました。

I moved to Tokyo to go to school.学校に行くために東京に移ってきました。

もし大学のために移ってきたのであればto go to universtiyを使った方がより正確に伝えることができます。

〇〇の時に移って〇〇年住んでいます

「いつ来たの?」という質問には、いつ頃移ってきたか、それからどれくらい経ったかをざっくり英語で言えるようになっておけば大丈夫です。

I moved to Tokyo when I was 22, and I’ve been living here for more than 20 years.22歳の時に東京に移ってきて、東京には20年以上住んでいます。

I moved to Tokyo after finishing my undergrad, and it’s been about 10 years since then.大学を出てから東京に移ってきて、それから10年以上が経ちます。

ちなみにundergradはundergraduate(4年制大学課程)のことを指す英語です。日常会話では略さない方が珍しいほど浸透して広く使われている英語です。

〇〇にも住んでいました

地元も大学も仕事も違う場所だったり、仕事でいろいろな場所に住んでいた方もいらっしゃると思います。そんな方は英語で以下のように自己紹介できます。

I moved to Tokyo last year for work, but I used to live in Osaka and Fukuoka as well.去年仕事で東京に移ってきましたが、大阪と福岡にも以前住んでいました。

as wellは、「〜も」という意味のtooのと同じ役割を持った英語です。文章の最後にtooと同じ感覚でつけると「〜も」という文章になります。

4. 職種や働いている会社について

old guy working

What do you do?

英語の自己紹介でもう一つ必ず出てくるのが、職業などを尋ねる「何をされてますか?」です。英語での尋ねるにはこのワンフレーズさえあればオッケーです。

What do you do?なにをされていますか?

職業は〇〇です

自己紹介で職業を伝えるには以下の二通りの方法があります。

パターン1:I’m a+職種名(sales rep、accountant、engineer、programmer、designerなど)

I’m a sales rep.営業です。

パターン2:I do+業種名(sales、accounting、engineering、programing、designなど)

I do sales.営業をしています。

〇〇会社で働いています

職業ではなく勤め先で自己紹介するのもありです。企業で言うのであればwork for、働いている物理的な場所で言うのであればwork atを使います。また、workでもbe workingでもこの場合同じ意味ですので、好きな方を使ってみてください。

I’m working for an advertising company.広告会社で働いています。

I work at a bank.銀行で働いています。

〇〇部署で働いています

ビジネス関連の人との自己紹介では、部署と会社(名)の両方を伝えるのもありでしょう。部署は英語でdepartmentまたはdivisionです。また、働いている部署の前にinを置きます。

I work in the sales department of Company M.M社の営業部で働いています。

〇〇業界で働いています

自己紹介で職種を詳しく伝えたくない方は、働いてる業界を伝えるという手もあります。業界の場合もinを置き、さらに業界名にtheをつけます。

I work in the fashion industry.ファッション業界で働いています。

独立しています

自分で会社をお持ちの方、個人事業主の方などもたくさんいらっしゃると思います。そんな方は以下のように英語で自己紹介ができます。

I have my own business.自分の会社(事業)を持っています。

以前〇〇でしたが、今は〇〇です

I used to be working for a consulting company as a consultant, but I’m currently working for a media company as a manager.以前コンサルティング会社でコンサルタントをしていましたが、今はメディア会社でマネージャーをしています。

企業に勤めた後独立しました

I used to work for an IT company, but I started my own business 5 years ago.以前は保険会社で営業をしていましたが、5年前に独立しました。

I became a freelancer after working for a marketing company.マーケティング会社で働いた後に独立してフリーランサーになりました。

5. 大学や勉強していたことについて

books

What/Where did you study?

学生さんの自己紹介では「何を勉強している」「どこの大学に行っている」という話は必須です。また、社会人同士の自己紹介でも、何を勉強していたか聞くことで相手にどんな興味や知見があるのかを知ることができるため、年齢問わず英語の自己紹介での話題作りとして重宝される質問のひとつです。

What do/did you study?何を勉強しているのですか?/していたのですか?

Where do/did you study?どこで勉強してるのですか?/していたのですか?

〇〇大学/〇〇学校です

「どこで勉強しているの?していたの?」という質問に対しては英語での以下のように答えられます。一般的に大学と呼ばれる学校はuniversity、専門学校のような学校はschoolと呼ばれます。

I go to Stanford University.スタンフォード大学に通っています。

I graduated from Columbia University.コロンビア大学を卒業しました。

I went to a cosmetology school.美容学校に通っていました。

〇〇大学で〇〇を勉強しました

英語の自己紹介では、勉強していた学問を尋ねられることが多いです。特に私たち日本人と外国人の自己紹介では、大学名を言われてもどんな大学かわからないですよね。大学名を入れるとしても文章の最後につけて、勉強・専攻していた学問に先に言及すると良いでしょう。

I study Economics at the University of Chicago.シカゴ大学で経済学を勉強しています。

I majored in Business Administration at Yale University.イェール大学で経営学を専攻していました。

独学で〇〇を勉強しました

大学ではなく独学で勉強されて、その分野に長けている方もたくさんいらっしゃると思います。そうした場合には以下のように独学で学んだことを伝えることができます。

I studied programming by myself.独学でプログラミングを勉強しました。

I studied photography on my own.独学で写真の勉強をしました。

6. 家族や兄弟について

kids

Do you have siblings?

自己紹介の話題作りでもう一つ有効なのが、兄弟姉妹や家族、恋人に関する会話です。英語では性別を問わず兄弟姉妹のことをsiblingsと呼ぶことができますので、覚えておくと便利です。

Do you have siblings?兄弟姉妹はいますか?

Do you live with your family?家族と一緒に暮らしていますか?

Are you seeing anyone?お付き合いしてる人はいますか?

一人っ子です/兄弟姉妹がいます

「兄弟姉妹は?」という質問に対しては、以下のように英語で答えることができます。

I’m an only child.一人っ子です。

I have a brother and a sister.兄(もしくは弟)と姉(もしくは妹)が一人ずついます。

I have an older sister and two younger brothers.姉が一人と弟が二人います。

家族と一緒に住んでいます/一人暮らしです

「家族と一緒に住んでいるの?」という質問に対しては、以下のように英語で答えることができます。

I live with my parents.両親と一緒に住んでいます。

I live with my wife and kids.妻と子どもたちと一緒に住んでいます。

I live by myself.一人暮らしです。

結婚しています/彼氏彼女がいます

「お付き合いしている人は?」という質問に対しては、以下のように英語で答えることができます。

I’m married.結婚しています。

I’m single.独身です/彼氏彼女はいません。

I’m not married yet, but I have a girlfriend.まだ結婚はしていませんが、彼女がいます。

7. 趣味や好きなことについて

surfing

What do you like doing during the weekend?

自己紹介中には趣味や好きなことの話もしたいですよね。英語ではWhat’s your hobby?ではなくWhat do you like doing?のように「何か好きなことは?」と聞く方が自然です。hobbyと言うと何かスキルを伴う趣味以上のものを連想させます。

また、「空いている時間」という意味のin your free timeでもいいのですが、「週末」という意味のweekendを使って聞くのもありです。ちなみに、doingでもto doでもこの場合同じ意味の文章になります。

What do you like doing during the weekend?週末はどんなことをするのが好きですか?

What do you like to do in your free time?どんなことをするのが好きですか?

What do you usually do on weekends?週末はいつも何してますか?

週末に〇〇をするのが好き

I like watching movies with my friends on weekends.週末には友達と映画を見るのが好きです。

I like to go shopping with my girlfriend during the weekend.週末には彼女と買い物に行くのが好きです。

I’m really into Baseball, so I like to go see baseball games.野球が大好きなので、野球の試合を観ることが好きです。

週末はいつも〇〇をして過ごしている

I usually stay at home with my family on weekends.週末はだいたい家族と一緒に家にいます。

I usually hang out with my friends during the weekend.週末はだいたい友だちと遊んでいます。

Any activities you like doing?

「時間があるときにどんなことをしていますか?」と聞くだけでは、日本語の自己紹介で「趣味は?」と尋ねた時と若干異なる返事が来る場合があります。そんな時はactivityを使ってこのように聞いてもいいでしょう。

Any activities you like doing?何か好きなアクティビティーはありますか?

〇〇が好きです

I like playing sports, especially soccer and baseball.スポーツするのが好きです。特にサッカーと野球です。

I like working out.(ジムなどで)トレーニングするのが好きです。

おわりに

いかがでしたでしょう?自己紹介は第一印象を決める大切なコミュニケーションですよね。誰かに会う度に必ず自己紹介はすることになるので、自分の形を作っておくといいと思います。どんな人とのコミュニケーションでも、自己紹介だけは相手が尋ねてくることを大体予測できるので、筆者は自分の自己紹介文を暗記していました。

名詞を置き換えるだけでみなさんの自己紹介でもそのまま使えるように、様々なバックグラウンドを想定して例文をつくってみましたので、これをもとに自分の自己紹介のパターンを作ってみていただければと思います。ぜひ参考にしてみてください。

→ 英語覚えたい人はインストール必至!常識を覆す神アプリはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。