ネイティブ発音への道!wanna, gonna, gottaなど短縮英語発音のコツと練習法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

英語のネイティブ発音を手に入れるために欠かせないステップの一つに、wanna などの短縮形英語の発音をマスターすることが挙げられます。日常英会話において短縮形で発音される代表的な英語が5つあるので、ここで全て習得しておきましょう。

実はこの発音練習でリスニング力も強化できるので、リスニング強化を目指している方も必見です。

1. 短縮発音される英語

wanna, gonna, gotta などの短縮発音

ネイティブの英語発音では、複数の単語をつなげて特殊な形で発音することがあります

英語ネイティブが want to を発音すると wanna になる。

ということをご存知の方も多いのではないでしょうか。例えば、「私はそこに行きたいです」という意味の英文を書くと、

となりますが、これをネイティブ英語で発音すると、

となります。ちなみに、

この音声がなんと言っているかわかりますか?(正解は記事の後半で)

日常英会話には、wanna の他にも頻繁に短縮形で発音される重要な英語が4つあります。本章では、これら5つの英語発音を一気にマスターして、皆さんの英語をネイティブに近づけていきましょう。

短縮発音される英語5つ

日常英会話において、ネイティブが短縮形で発音する代表的な英語が以下の5つです。

規則性があって短縮して発音されているわけではなく、これ以外の英語でも同じように短縮するかというとそうではありません。英会話において頻繁に使われるため、自然発生的に短縮形が生まれ、その使用が一般的になった英語です。規則性を見つけてどこを短縮して発音するか考えるのではなく、「この5つは短縮して発音するものだ」というように覚えておきましょう。

短縮英語発音を身につけるには、復唱あるのみ

短縮形英語のネイティブ発音を身につけるための唯一の方法は、

STEP1:短縮形英語だけを繰り返し発音する。
STEP2:発音に慣れたところで短縮形英語が入った文章をまるごと繰り返し発音する。

です。

STEP1 では、短縮発音の部分だけを復唱し、短縮形の発音に脳と口を慣らしていきます。上の音声を聞いて5つの短縮英語それぞれの発音を確認し、真似しながら声にしてみてください。

STEP2 では、短縮発音する英語が入った例文(下記参照)をまるごと繰り返し復唱し、文章の中での発音を身につけていきます。このステップでも正しい発音を音声で確認し、真似しながら声に出してください。

どちらのステップでもポイントは、実際に口から音を出す前に毎回音声を聞いて正しい発音を確認することです。頭の中でしっかりと正しい発音のイメージを持った状態で発声することで、効果的に発音練習ができます。

STEP1だけで終えず、必ず短縮形が入った文章をまるごと発音してください。短縮形の部分だけの発音ができても、実際に皆さんが話す英語の中でスラスラと短縮英語が出てくるようにはなりません。下に出てくる例文を丸ごと復唱していくことで、本当に使えるネイティブ発音を身につけることができます。

発音練習でリスニングまで鍛えられる

発音を練習することによって、英語ネイティブがどの部分を省略して発音しているかや、どのような感覚で発音しているかを掴むことができるため、発音練習はリスニング力強化にも有効です

英語の発音練習を行うことで自然と英語リスニング力が上達する。

ということが断言できますので、「発音はそんなに大事じゃないしな」と思う方も、英語リスニング強化のためにも是非この発音練習を実践してみてください。

フォーマルシーンでの文語使用は厳禁

本章で学習する短縮英語発音は、英語ネイティブが日常英会話(口語)において使う英語です。基本的に口語に限定して使われる英語ですので、ビジネスなどのフォーマルシーンでの文語コミュニケーション(メールなど)では短縮形の使用を控えましょう

友人とのカジュアルな会話では、メールやチャットなどの文語で wanna, gonna, gotta, kinda を使うことがあります。例えば、「行かなきゃ」という文章を打つのに “gotta go” などと書いたりします。ただし tryna はカジュアルシーンであっても書き言葉で使うことはできません。

2. wanna の発音練習

big smile

wanna の例文まるごと発音練習

では最初に、want to を使った「私は今帰りたいです」という意味の例文を使って短縮形の wanna の発音を練習しましょう。

ちなみに、主語が三人称単数(He や She)の場合は、wants to にスペルが変わるため wanna と短縮することができません。wants to には短縮形はなく、英語ネイティブでも She wants to とそのまま発音します。また、過去形の場合は wanted to となりますので、こちらも wanna と短縮して発音することはできません。

wanna の例文まるごと発音練習(質問文)

wanna 単体で発音が出来ても、疑問文や否定文になると短縮形英語がスラスラ出てこないことがあります。want to を使った「何がしたいですか?」という意味の質問文でも、短縮形の wanna の発音を練習しましょう。

「彼はどこに行きたいのですか?」という意味の文章をまるごと復唱して、このパターンの wanna の発音にも慣れておきましょう。

主語が三人称単数だと肯定文では wants to となって短縮形の wanna が使えませんが、疑問文になることで Does がつき、wants to の s が取れて wanna が出現します。

wanna の例文まるごと発音練習(否定文)

want to を使った「それはやりたくないです」という意味の否定文でも、短縮系の wanna の発音を確認しておきましょう。

「彼女はそれをしたくないです」という意味の文章をまるごと復唱して、このパターンの wanna も練習しておきましょう。

否定文でも疑問文と同じく、主語が三人称単数でも does not によって wants to が want to に戻り、wanna が出現します。

過去形での want to の特殊な発音

短縮形発音の wanna とは違いますが、want to の過去形の wanted to もネイティブ英語では少し特殊な音で発音されます。

wanted to をネイティブが発音すると wantito のような音になります。こちらも使いどころが多いので、音声で発音を確認し、文章まるごと復唱して練習しておきましょう。

3. gonna の発音練習

girl smiling

gonna の例文まるごと発音練習

未来に起きることや意思を伝える will と同じ意味の be going to ですが、going to の部分を短縮して gonna と発音します。

また、be going to の be の部分は、ネイティブ発音では主語と一体化して発音されます(例えば I am → I’m)。主語別の例文で発音練習していきましょう。

はそれを買います」

私たちはそこに行きます」

あなた(たち)はそれを気に入ります」

彼・彼女はここに来ます」

彼らは遅れます」

それはとてもよくなります」

gonna の例文まるごと発音練習(疑問文)

be going to の文章を疑問形にする場合、be going to の be が文章の先頭にきます。going to の形は疑問文においても変わらず gonna と発音されます。

「あなたはそこに行きますか?」という意味の音声例文で確認して復唱しましょう。

gonna の例文まるごと発音練習(否定文)

be going to を否定形にする場合、not は be と going の間に置き、be not going to という形になります。

「私はそれをやりません。」という意味の例文で発音を確認し、練習しましょう。

4. gotta の発音練習

smile woman

gotta の例文まるごと発音練習

「〜しなければならない」の have to は、have got to と置き換え可能な英語です。日常英会話では have got to もしくは got to という形で使われます。

「私は今帰らなくてはならない」という意味の例文で発音を練習しましょう。

‘ve gotta の例文まるごと発音練習

got to はあくまで have got to の省略形で、日常英会話でよく使われますが厳密に言うと正しくありません。日常英会話において、主語が三人称の場合には got to よりも has got to を使うケースが多いです。

「彼はそれをしなければならない」という意味の音声例文で has got to の発音を練習しましょう。

主語が It の場合でも、got to よりも has got to を使うケースが多いです。「それは完璧でなくてはなりません」という意味の例文で発音を確認しておきましょう。

have to は否定形で don’t have to で「〜しなくてもいい」という意味になりますが、短縮形の gotta を否定文で使うことはありません。肯定文の gotta と ‘ve gotta しか発音する機会がありませんので、ここだけ練習しておきましょう。

5. kinda の発音練習

kinda の例文まるごと発音練習1

kind とは本来「種類」という意味の英語です。What kind of で疑問文を始めて、「どの種類の食べ物が好きですか?」という質問を英語でしたことがある方もいらっしゃるかと思います。その kind of を、ネイティブ英語では kinda と発音することができます。

「どの種類の音楽が好きですか?」という文章を復唱してネイティブ発音を練習していきましょう。

kinda の例文まるごと発音練習2

あまり馴染みのない方もいらっしゃるかと思いますが、日常英会話では、kind of を「少々」「ある程度」という意味の副詞としても使うことが非常に多いです

例えば、「今私は少々眠いです」と英語で言う際に、

と kind of を使って表現することができます。これをネイティブ発音すると、

となります。もう一つ、「少々」の kind of を使った「それは少々難しいです」という意味の例文で、kinda の使い方とネイティブ発音を練習しておきましょう。

日常英会話では、「種類」よりも「少々」という意味で kind of を使うことの方が多いです。非常に便利な英語ですので、これを機に是非覚えておいてください。

6. tryna の発音練習

kid

tryna の例文まるごと発音練習

日常英会話では、「試みる」という意味の動詞である try を使う機会も非常に多いです。特に「〜しようとしているところ」と伝えるのに、現在進行形の be trying to ~ の形でよく使われます。

「それを修理しようとしているところです」という意味の文章で trying to のネイティブ発音を練習しておきましょう。

tryto の例文まるごと発音練習

進行形ではない現在形の try to も、ネイティブの発音では tryto のように少し特徴のある発音をします。

「彼に話そうとしてみます」という意味の例文で発音を確認し、文章まるごと復唱で発音を練習しましょう。

7. まとめて発音練習

いろいろ出てくる例文まるごと発音練習

それぞれの短縮形発音には慣れてきましたでしょうか?発音のコツがつかめてきたら、もう一段階レベルを上げて練習してみましょう。

短縮形発音が一つの文章に複数出てくる例文を用意してみました。これらの文章までスラスラ言えるようになれば、皆さんの日常英会話でも短縮形英語の発音がなめらかにできるようになります。

「もしあなたが行くのなら、私もちょっと行きたいです。」

はっきり発音:I kind of want to go there if you are going to go.

ネイティブ発音:I kinda wanna go there if you’re gonna go.

「もうすぐ雨が降るので、今帰らなくてはなりません。」

はっきり発音:We got to go back now because it is going to rain soon.

ネイティブ発音:We gotta go back now cuz it’s gonna rain soon.

ちなみに because は日常英会話では cuz と発音されます。詳しい接続詞の発音はこちら

「あなたはこれを改善しようと努力しなくてはなりません。」

はっきり発音:You got to try to make it better.

ネイティブ発音:You gotta tryto make it better.

「私は親切にしようとしているのだから、あなたも親切にしなくてはなりません。」

はっきり発音:I am trying to be nice so you got to be nice too.

ネイティブ発音:I’m tryna be nice so you gotta be nice too.

おわりに

いかがでしたでしょう?この5つの短縮形発音は、日常英会話で頻繁に使われますのでしっかりと練習しておいてください。この5つを使うだけで、皆さんの話す英語がぐっとネイティブ英語のように聞こえてきます。

さらに、発音練習はリスニング向上にも欠かせません。短縮形の音を知り、それを自分で発音しようと試みることで、ネイティブが省略して発音している部分や、ネイティブの話し方がよくわかってきます。リスニング力アップのためにも、この発音練習は是非実施してみてください。

→ 英語覚えたい人はインストール必至!常識を覆す神アプリはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。