「〜に違いない」が英語だと超便利!例文でつかむmustとshouldの意味と使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「〜に違いない」という意味のmustや「〜のはず」という意味のshouldをご存知の方も多いと思います。ですが、実際に皆さんが話す英語で使ってみようと思う機会は意外と少なくないですか?

日本語でイメージすると硬い感じもして、なんだか使いにくそうなこの二つの言葉ですが、日常英会話では実は使いどころが満載です。

1. must と should の基礎知識

「しなければならない」という意味では使わない must

「しなければならない」の正しい伝え方でも触れたように、「しなければならない」と英語で伝えるには、must ではなく have to や should を使います。

一方、「違いない」と英語で伝える際には must はとても頻繁に使われます。

日常英会話で must は「違いない」という意味である。

ということをまず頭に入れておきましょう。

must は印象が強すぎて日常英会話で避けられがちと他記事で解説しましたが、それは「〜しなければならない」という意味の must に限って言えることです。「〜に違いない」という意味の must は日常英会話で頻繁に出てきます。

must =「違いない」に記憶を上書きする

日本の英語教育では must =「しなければならない」と教えられるので、そう記憶している方が多いかと思います。ですが、それが強く頭に入っていると、日常英会話でちょっと苦労する場面があります。

例えば英語で話している際に、

といきなり言われたら、最初にどのような日本語訳が頭に浮かびますか?

やはり「賢くなりなさい」という訳がまず出てきてしまう人が多いかと思います。

会話によってはそのようにも受け取れますが、この英文は日常英会話では「あなたは賢いに違いない」という意味である可能性の方が高いです。

「違いない」の must に慣れないうちは「しなければならない」がどうしても先に頭に浮かんできますよね。日本の英語教育ではあまり深く掘り下げない「〜に違いない」の must ですが、日常英会話の様々なシチュエーションで使える便利な表現です。しっかりと使い方のコツを掴んでおきましょう。

should は must よりも確信度合いが低いだけ

「違いない」という意味の must と「はず」という意味の should は、置き換えても文章が成り立つことが多く、どちらを使っても同じようなことを伝えることができます。

覚えておくべき「違いない」の must と「はず」の should の違いは、

must の方が should よりも確信度合いが高い。

ということだけです。

使い分けのコツとしては、「絶対そうでしょ!」のように確信を持っている場合には must、確信とまではいかないが「8割くらいはそうである自信がある」という場合に should と覚えておくといいでしょう。

2. 会話相手が主語の「違いない」

man-looking

話し相手の状態・気持ちを察して声をかける

基本的なところが理解できたら、実際に会話の中でどう使えるか見てみましょう。

あなた:Hey, how are you doing?やあ。調子どう?

相手:Not so good. I actually couldn’t sleep last night.あんまりよくないよ。実は昨日寝れなかったんだ。

あなた:Aw, you must be very sleepy now.えー、そりゃあ今すごく眠いでしょ。

このように、相手の状態や気持ちを察して「そりゃ眠いよね」のような声をかけてあげたい場合に、must と should を使います。

相手が確実に眠い状態だと確信していれば must、8割くらいの確信で「眠いだろうね」と思う時は should と使い分けができると、より正確に表現できるでしょう。

相手の状態・気持ちを察して伝える際の注意点

相手の状態や気持ちを察して英語で言葉をかける時、must や shoul が不適切になる場合もあります。注意点を一緒に確認しておきましょう。

例えば、あなたが友人に「あなたとても疲れてるね。大丈夫?」と英語で言葉をかけてあげたいとします。must を使うとすると以下のようになります。

ここで注意すべき点は、

must や should を使って相手の状態を伝えると、その人の状況から判断していることになる。

ということです。この例文でいうと、相手が「昨日徹夜で仕事していた」などの情報をあなたが知っている必要があります。

そのような相手の状態を知らなくても、見た目や声から判断して「疲れているね」と声をかけたい場面もよくあると思います。そんな時は以下のように伝えましょう。

見た目で判断:You look very tired. Are you okay?

声から判断:You sound very tired. Is everything good?

look を使う場合は、単に相手の見た目から判断していることになります。髪の毛がくしゃくしゃだったり、目にクマができていたりするのを見て「疲れてるね」と声をかけたい時には、look を使うのが適切です。

sound を使う場合は、相手の声や話し方などから判断していることになります。声に元気がなかったり、ため息ばかりついていたりするのを聞いて「疲れてるね」という言葉を投げかけたい場合は sound を使うと良いでしょう。電話で話している相手にも言える便利な英語表現です。これらの意味の違いをつかんでより適切な英語選びを心がけましょう。

3. 会話外の人が主語の「違いない」

会話の外の人の状態・気持ちを察して伝える

この must と should、もちろん会話の中にいない人の状態や気持ちを表現することもできます。会話例文で使い方を確認しましょう。

相手:Hey, um, I haven’t seen him today. Do you know where he is now?今日彼を見てないんだけど。どこか知ってる?

あなた:He should be still sleeping at home. We were actually drinking until this morning.まだ家で寝てるはず。実は朝まで一緒に飲んでたんだ。

もうひとつ、会話外の人の気持ちを悟って伝える会話例文を見てみましょう。

相手:It’s been a while since I last saw Brian. Honestly, I miss him.最後にブライアンに会ったの随分前だな。正直言うと、会いたいね。

あなた:He must be missing you too.彼もあなたに会いたいだろうね。

ちなみにこの会話で出てきた It’s beenIt has been の省略形です。It has been a while since ~ で「〜してから長い時間が経った」という意味の英語になります。よってこの文章は「前に話したのは随分前だな」といった受け取り方ができます。

おまけに便利な表現を一つ。

相手:I bought a present for your son.君の息子にプレゼント買ったよ。

あなた:Wow! Thank you. He must love it.わー!ありがとう。うちの息子これ絶対好きだ。

He/She must love it は「彼/彼女、絶対これ気に入るよ」のようなことを英語で伝えたい時に便利な表現です。

4. 自分が主語の「違いない」

me

自分がなりそうな状況を伝える

「違いない」の must と「のはず」の should で自分の状況を伝えることもできます。

例えば、自分が待ち合わせに遅れそうな時、待ち合わせの相手から「今どこ?」と電話があったとしましょう。

相手:Where are you now?今どこ?

あなた:Well, I’m still waiting for a train. I should be late.まだ電車待ってる。遅くなると思う。

この例文ように、「遅れる」などの自分がなりそうな状況を伝えるのにも便利な must と should です。

このケースでは、100%遅れるのであれば will、遅れることを強く伝えたい場合には must に置き換えることもできます。

自分の意見を伝える

これに加えて、must や should を使って自分自身に関する意見を伝えることもできます。ちょっとわかりにくいと思うのでこちらも例文で確認しましょう。

例えば、自分が勘違いしていたり、間違っていたりしたことに気づいた時、

I think I’m wrong.私が間違ってると思う。

のように、I think で伝えてもいいのですが、

としても「私が間違っている」と伝えることができます。

should も must も、I think よりも自分が間違っているという確信度合いは強くなります。完全に間違っていると思った時は must、8割くらいの確信で間違っていると思った時は should というように使い分けましょう。

5. 物・出来事が主語の「違いない」

finger-pointing

モノやコトの状態説明に便利

英語でモノやコトの状態を説明する際にも「〜に違いない」「〜のはず」を使うことができます。例文で確認してみましょう。

例文1:My compute should be broken. Do you know where I should take it to?私のコンピューター壊れてる。どこに持っていけばいいか知ってる?

例文2:Oh, their shoes are wet. It must be raining outside.あ、あの人たちの靴が濡れてる。外絶対雨降ってるね。

例文3:Drink more! Drinking should be good for your health.もっと飲みなよ!飲酒は健康に良いよ。

上のどの文章でも must と should を置き換えることが可能です。「絶対そう」と思っている時は must を使いましょう。

リアクションに便利

英語でリアクションをとる際にも「〜に違いない」の must と「〜のはず」の should はとても便利です。会話例文でチェックしてみましょう。

会話例文1

相手:I’m trying to get into Harvard Business School.ハーバード大学のビジネススクールに入ろうとしてるんだ。

あなた:That must be pretty tough.それは相当大変だね。(ちなみにこの That は「ハーバードビジネススクールに入ること」です。)

会話例文2

相手:A lot of famous DJs are coming to the event.有名なDJがたくさんイベントに来るよ。

あなた:It should be fun!楽しくなるね!(ちなみにこの It は「イベント」です。)

ほんの一例ではありますが、このようにリアクションとしても活躍してくれます。

「誰のもの」「誰の順番」と言うのにも便利

「〜に違いない」「〜のはず」には、他にもこんな使い方があります。

会話例文1

相手:Wait. Um, whose beer is this?ちょっと待って。このビール誰の?

あなた:It should be yours.君のビールだよ。

会話例文2

相手:Who’s next?次は誰の番?

あなた:Oh, it must be my turn.あ、私の番です。

It is yours. でも It is my turn. でもいいですが、このように must や should でも表現するものいいでしょう。

6. 知ってると便利な「違いない」

「違いない」で「マジで!?」と言える

ご存知の方も多いと思いますが、must を使って「マジで?」「冗談でしょ?」と言うことができます。会話例文で確認してみましょう。

相手:You know what! I won the lottery.あのね!宝くじ当たった。

あなた:What!? You must be kidding!え!?嘘でしょ!?

should を使ってもいいのですが、must の方が驚いている感をより強く表現できます。ちなみにこの会話の最初、You know what は、相手に新しい情報を伝えたい時など会話の初めによく使われる英語です。

「違いない」で「あなたが〇〇さんですね」と言える

初めての人と2人だけで会う!なんてこともたまにありますよね。そんな時に便利な英語が「〜に違いない」のmustを使った「あなたが〇〇さんですね」です。

例えば、会う約束をしている人らしき人物を見つけた時、

Hi. You must be Mr. Tanaka. Nice to meet you.あなたが田中さんですね。初めまして。

と声をかけると、会話をスムーズに始められます。

この must 文章は、その人物が待ち合わせをしている人で間違いないだろうという場合に使います。もし自信がない場合、

Excuse me? Are you Mr. Tanaka?すみません。田中さんですか?

と話しかけた方が、間違っていた時に恥ずかしい思いをせずに済むでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?must に「〜に違いない」という意味があるのは知っていても、自分の英会話の中ではちょっと使いにくい印象があったかと思います。例文にたくさん触れることで使いどころが見えてきたと思います。

日常英会話での受け答えでは、must と should の使いどころはかなり多いので、ぜひ参考にして実際に使ってみてください。

→ 英語覚えたい人はインストール必至!常識を覆す神アプリはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。