感謝を伝えるネイティブ英語35選!シーン別「ありがとう」で英会話上手に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「ありがとう」という言葉は、英語日本語問わずコミュニケーションにおいて最も大切な言葉の一つです。

もちろん Thank you が英語での「ありがとう」の基本表現ですが、それ以外にも感謝の気持ちを伝える英語はたくさんあります。いろんな英語表現で感謝の気持ちを伝えられるようになれば、相手との距離をぐっと縮められること間違い無しです。

1. 「ありがとう」基礎英語表現

英語の「ありがとう」基礎表現

Thank you が最もベーシックで、カジュアル・フォーマルなどのシーンを問わず使える英語の「ありがとう」です。
Thanks は Thank you のカジュアルな英語です。Thanks を使ってカジュアルでいながら感謝の気持ちを強調するには a lot を付け足します。その他にも Thanks a millionThanks a ton とも言うことができます。

丁寧な英語の「ありがとう」基礎表現

Thank you so much.ありがとうございます。
Thank you very much.ありがとうございます。
very much などをつけて感謝の気持ちを強調することができます。感謝の気持ちを強く伝えることによって相手により丁寧な印象を与えますが、Thank you の敬語というわけではありません。ちなみに Thank you a lot と言うことはできません

2. 特定のことへの「ありがとう」

kid-bw

Thank you for _

Thank you for everything.いろいろ(全てにおいて)ありがとう。
Thank you for all you’ve done for me.私のためにしてくれた全てのことを感謝しています。
Thank you for your time.時間をありがとう。
Thank you for your kindness.親切にありがとう。

Thank you for _ing

Thank you for having me.呼んでくれてありがとう。
「誘ってくれてありがとう」という意味にもなる英語ですが、Thank you for having me は誘われた会場にいる時のみに使える言葉です。何かに誘われた時点では Thank you for inviting me が適切です。
Thank you for giving me this opportunity.この機会をくれてありがとう。
面接などの機会をもらった時などに便利な感謝の気持ちを伝える英語です。chance も「機会」という意味の英語ですので、opportunity を chance に置き換えても同じことが伝えられます。
Thank you for taking the time for me.時間をさいてくれてありがとう。
「時間を割く」というのは英語で take the time となります。
Thank you for taking the time out of your schedule to come over here.お忙しいところお越しいただきありがとうございます。
「お忙しいところ」という言葉を添えたい場合には out of your schedule を加えます。

3. 便利な「ありがとう」

girl looking

改めて伝えるありがとう

Thank you again for the wonderful gift.素晴らしいプレゼントをありがとう。
一度お礼を言ったけれどももう一度い伝えたい場合には Thank you again のように again を使います。

「いずれにせよありがとう」

Thank you anyway.いずれにせよありがとう。
Thank you anyway の使いどころは、例えば誰かに物探しを手伝ってもらったけれど結局見つからなかった時です。見つからなかったけれど一緒に探してくれたことへの感謝を伝えたい時に、「とにかく」「いずれにせよ」という意味の anyway をつけます。

「でもありがとう」

Thank you though の使いどころは、例えば誰かに誘いを受けたが断らなくてはいけない時です。「行けないや。でも誘ってくれてありがとう」ということを英語伝えたい時に、「でも」という意味の though を最後につけます。

過去へのありがとう

Thank you for helping me the other day.先日は助けてくれてありがとう。
過去に対する感謝でも thank はそのまま現在形で表現します。文章の最後に yesterday などの「日時」を入れることで、過去にしてもらったことへの感謝を伝えます。先日は英語で the other day、先日の夜は英語で the other night です。

4. Appreciate の「ありがとう」

girl-smile-b

フォーマルな印象の「ありがとう」

I appreciate it.ありがとうございます。
appreciate は硬い印象の感謝の言葉です。日常英会話での使いどころは、例えば見知らぬ人にドアを開けてもらった時です。大したことではないので Thank you very much だと重すぎてしまいますが、Thank you よりもかしこまって「ありがとう」と伝えたい場合には、

Appreciate it.
を使います。

I appreciate your support.サポートありがとうございます。
Thank you とは違い、感謝しているモノや人を appreciate の直後に書きます。appreciate for とすることはできません。

5. Grateful の「ありがとう」

フォーマルな「ありがとう」

I’m grateful to you.あなたに感謝しています。
I’m grateful は Thank you のフォーマルな表現です。grateful は常に be動詞とセットで be grateful という形で使います。また、感謝している人の前には to をつけます。
I’m so grateful for all you’ve done for me.あなたが私のためにしてくれたこと全てにとても感謝しています。
感謝している事の前には for をつけます。また、読みはグレイトフル」ですが、スペルが greatful ではなく grateful であることにも気を付けましょう。

6. Thankful の「ありがとう」

フォーマルな「ありがとう」

I’m thankful to you.あなたに感謝しています。
I’m very thankful to you for helping me with my project.プロジェクトを手伝ってくれてありがとうございました。
I’m thankful も Thank you のフォーマルな表現です。I’m grateful と同様、感謝している人の前に to、感謝している事の前に for をつけます。

7. _ of you の「ありがとう」

woman-flower

相手を褒める「ありがとう」

That’s so nice of you.優しいね/親切にありがとう。
That’s really kind of you.とても親切だね/親切にありがとう。
直訳すると「それはあなたの優しさです」となりますが、どちらの例文も「ご親切にありがとう」と受け取ることができる英語です。親切なことを言ってもらったり、してもらったりした時によく使う表現です。

8. 心を込めた「ありがとう」

「本当にありがとうございます」

I can’t thank you enough.感謝してもし切れません。
(I) thank you from the bottom of my heart.心の底から感謝しています。
from the bottom of my heart で「心のそこから」と伝えることができます。I で始めても Thank で初めてもどちらでも大丈夫です。
I truly appreciate you.本当に感謝しています。
Words can’t describe how thankful I am.言葉で表せないほど感謝しています。
describe は「説明する」という意味の動詞です。
I have no words to express my gratitude.言葉で表せないほど感謝しています。
gratitude は「感謝」という意味の名詞です。
I will always be grateful for your help.あなたの助けをいつまでも感謝しています。

9. 粋な「ありがとう」

girl-sunglasses

間接的に感謝を伝えるネイティブ表現

You made my day.あなたのおかげでいいに日なりました。
誰かに褒めてもらい嬉しかった時などに Thank you の代わりによく使う便利な英語です。
owe は「借りる」という意味の英語です。「あなたに借りができた」ということで、相手がしてくれたことに大きな価値があることを表現しています。
This means a lot to me.これは私にとってとても大きなことです。
相手のしてくれたことに対して「これはとても私にとって重要です」「これは私にとって大きな意味があります」と伝えることでも、相手への感謝の気持ちを伝えることができます。

おわりに

いかがでしたでしょう?一言に「ありがとう」と言っても、英語では様々な言い方があることに気づいていただけたかと思います。

友人との日常英会話などではあまりかしこまって感謝を伝える必要はありませんが、Appreciate it や That’s nice of you はカジュアルシーンでも本当によく使う言葉です。Thank you に加えて使えるようにしておきましょう。

また、Thank you だけで終わらせずに for をつけて、何に対して感謝しているかなどを伝ることもできれば、相手との距離をさらに縮められる感謝の言葉になります。

ビジネスなどで英語を使われる方は、Thank you 以外にも grateful や thankful などのかしこまった「ありがとうございます」を使えるようになっておくと、大事な会話でもスマートに感謝の気持ちを表現できます。ぜひ参考にしてみてください。

→ 英語覚えたい人はインストール必至!常識を覆す神アプリはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。