日常英会話

Let it goの意味は?Letを使った日常会話での便利な英語表現まとめ

アナ雪の Let it go やビートルズの Let it be など、英語を勉強していない日本人にも馴染みのある Let の英文。アナ雪の歌では Let it go が「ありのままで」と意訳されていますが、なぜそのような意味になるか、文法まで理解している方それほど多くないのではないでしょうか?

Let は日常英会話で使いどころ満載ですので、例文で文章構造と使い方を理解しておきましょう。

続きを読む

ネイティブ英語発音のコツ!リスニングにも欠かせない疑問詞の発音練習

ネイティブの英会話では、隣り合った単語をつなげて発音します。そのような英語の発音練習は、ネイティブ英語を話すためにも聞き取るためにも欠かせません。

つなげる部分を全パターン練習するのは不可能ですが、実は what などの疑問詞の発音を練習するだけでぐっとネイティブ発音に近づきます。接続詞の発音と合わせてこちらも練習しておきましょう。

続きを読む

英語ネイティブ発音のコツ!接続詞の発音練習でぐっと上達する英語発音

あまり知られていませんが、英語をネイティブ発音するポイントの一つが接続詞とその隣の単語の発音です。

ネイティブ英語では単語と単語を繋げて発音することがよくありますが、その中でも日常英会話で頻繁に使われる接続詞は、短縮して発音したり次の単語と繋げて発音することが特に多いです。厳選した最もよく使う接続詞6つの発音をマスターして、ネイティブ発音を手に入れましょう。

続きを読む

感謝を伝えるネイティブ英語35選!シーン別「ありがとう」で英会話上手に

「ありがとう」という言葉は、英語日本語問わずコミュニケーションにおいて最も大切な言葉の一つです。

もちろん Thank you が英語での「ありがとう」の基本表現ですが、それ以外にも感謝の気持ちを伝える英語はたくさんあります。いろんな英語表現で感謝の気持ちを伝えられるようになれば、相手との距離をぐっと縮められること間違い無しです。

続きを読む

英語ネイティブの「どういたしまして」まとめ!You’re welcomeは使わない!

Thank you! と言われたら You’re welcome! で「どういたしまして!」と返事をする方は多いと思います。

実は You’re welcome は少し硬い英語で、ネイティブの英会話ではそれ以外の様々な英語で「どういたしまして」を伝えています。実際にネイティブがよく使う「どういたしまして」を厳選してみましたので、皆さんもいますぐ使ってみましょう!

続きを読む

ネイティブ発音への道!wanna, gonna, gottaなど短縮英語発音のコツと練習法

英語のネイティブ発音を手に入れるために欠かせないステップの一つに、wanna などの短縮形英語の発音をマスターすることが挙げられます。日常英会話において短縮形で発音される代表的な英語が5つあるので、ここで全て習得しておきましょう。

実はこの発音練習でリスニング力も強化できるので、リスニング強化を目指している方も必見です。

続きを読む

stillの意味と使い方まとめ。英語の「まだ」が音声付き会話例文で丸わかり

「まだ」という意味のstillは、日常英会話で驚くほどたくさん使います。一度コツをつかめば簡単なstillですが、自分の話す英語で使うにはちょっと自信がない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

基本表現から応用表現まで、音声付き会話例文でstillの便利な使い方をマスターしましょう。これだけで、皆さんの英会話でも簡単にstillが使えるようになります。

続きを読む

Likeが間違い!?preferとwould ratherの「好き」や好みを伝える英語表現

「こっちが好き」「どちらかというとこっちの方が良い」などの言葉、日常会話でよく口にしますよね。

I like it. などのシンプルな表現に偏ってしまいがちですが、選択肢が2つあるシチュエーションでの返答としては不自然な英語表現となってしまうこともあります。使いどころ豊富な prefer と would rather で正しく、よりネイティブな英語で表現しましょう。

続きを読む

後悔にregretは使わない!悔しい思いはshould haveなどのネイティブ英語で

「もっと頑張ればよかった」「そんなこと言わなければよかった」など、後悔の英語表現は必ず押さえておきたいですよね。一番に思い浮かぶのはregretかと思いますが、日常英会話で後悔を表現するには実はマイナーな英語です。

日常英会話では主にshould have、could have、would haveで後悔を表現します。これらの英語でよりネイティブに後悔を伝えられるようにしておきましょう。

続きを読む

eitherとneitherの意味と使い方がみるみるわかる!解説と音声付き英語例文集

意味は知っていても使い方が難しそうなeitherとneitherですが、選択肢が2つある場面での受け答えなど、日常会話での使いどころは満載です。また、”Me too”など何気なく使っている英語表現も、実はeitherやneitherを使わないと間違っている場面が多々あります。

eitherとneitherの意味と使い方を正しく理解して、英語表現の幅を広げましょう。

続きを読む