2016年 7月 の投稿一覧

意味と違いが丸わかり!be used toやused toが日常英語で簡単に使える4の法則

英語を聞いている時、「使う」という意味のuseが「おや?」というところで出てくることはありませんか?

実はuseを使って「以前は〜だった」「〜に慣れている」など、日常会話で便利なフレーズをたくさん英語で言うことができます。こんなに便利なuseを使わない手はありません!違いをつかむだけでなく、音声付き例文で発音もマスターして、あなたの英会話でも使ってみましょう。

続きを読む

休み明け挨拶もお手の物!旅行帰りや休暇明けに必ず使う便利英語例文32選

楽しかった思い出をシェアしたり、休み明けや旅行から戻ってきた時の会話って楽しいですよね。でも、楽しいはずの会話も、英語だと「出来事の説明にいっぱいいっぱい」なんて経験ありませんか?

久しぶりに会った時の挨拶から出来事の報告まで、英語でも楽しんで話せるように、という思いで厳選した必須フレーズです。これで休み明け英会話はもう心配なしです!

続きを読む

英語ネイティブも間違う?CanとMayの意味の違いが一目瞭然!

mayはcanよりも丁寧、というように理解している方も多いのではないでしょうか。ですが、この二つの単語には実はそれ以上の大きな違いが隠れています。

アメリカでは、子どもの頃お母さんに「Can I help you, Mom?」と言うと「そこはMayでしょ!」と注意された、なんてのはよくある話です。しっかり違いをつかんで正しく使えるようにしておきましょう。

続きを読む

英語の「なんでも大丈夫」シーン別例文23選!Anything is fineだけじゃない便利フレーズ

「何でも良いよ!」って日本語でもよく口にしますよね。英語だと特に、本当はこだわりがあっても「英語で詳しく説明できる自信ないから、なんでも大丈夫と言っておこう」となってしまうこと、筆者も本当によくありました。

もちろん、みなさんが英語でなにもかも説明できるようになることを願い執筆していますが、「なんでもいい」はそこまでの道のりで外せない大切な言葉です。

続きを読む

「〜に違いない」が英語だと超便利!例文でつかむmustとshouldの意味と使い方

「〜に違いない」という意味のmustや「〜のはず」という意味のshouldをご存知の方も多いと思います。ですが、実際に皆さんが話す英語で使ってみようと思う機会は意外と少なくないですか?

日本語でイメージすると硬い感じもして、なんだか使いにくそうなこの二つの言葉ですが、日常英会話では実は使いどころが満載です。

続きを読む

英語の「しなければならない」が便利!have toやshouldの正しい意味と使い方

「〜しなければならない」は英語でmust、と日本では習いますよね。もちろんそれで正解ですが、実際の英会話では「〜しなければ」と言うのにmustは使いません。

誘いのお断りや自分の状況説明、相手への注意や命令など、大事な場面で大活躍する「〜しなければならない」です。英語での意思疎通には欠かせない表現ですので、mustを使わない正しい伝え方を習得しておきましょう。

続きを読む

「残念です」のI’m sorryは優しくて皮肉?「かわいそうに」も言える便利な英語

I’m sorryに「残念です」という意味があるのは皆さんご存知かと思います。ですが、いつ使っていいのかよくわからなかったり、使えそうなシチュエーションがなかったりで、実際に使ったことがない方もいるのではないでしょうか?

そんな「残念です」のI’m sorryですが、実は日常英会話には使えるシーンがたくさん隠れているのです。

続きを読む

「ごめんなさい」が重大な誤解を招く?英語で正しく謝るための6つの注意点

「ごめんなさい」という言葉、日本で生活しているとよく使いますよね。特に社会人の方にとって「謝る」ということは日常茶飯事ではないでしょうか?

「ごめんなさい」「すみません」「申し訳ございません」

などなど、日本では様々なシーンで飛び交う謝罪の言葉ですが、英語での謝りすぎには実は注意が必要なのです。

続きを読む