英語の「しなければならない」が便利!have toやshouldの正しい意味と使い方

「〜しなければならない」は英語でmust、と日本では習いますよね。もちろんそれで正解ですが、実際の英会話では「〜しなければ」と言うのにmustは使いません。

誘いのお断りや自分の状況説明、相手への注意や命令など、大事な場面で大活躍する「〜しなければならない」です。英語での意思疎通には欠かせない表現ですので、mustを使わない正しい伝え方を習得しておきましょう。

続きを読む

「残念です」のI’m sorryは優しくて皮肉?「かわいそうに」も言える便利な英語

I’m sorryに「残念です」という意味があるのは皆さんご存知かと思います。ですが、いつ使っていいのかよくわからなかったり、使えそうなシチュエーションがなかったりで、実際に使ったことがない方もいるのではないでしょうか?

そんな「残念です」のI’m sorryですが、実は日常英会話には使えるシーンがたくさん隠れているのです。

続きを読む

「ごめんなさい」が重大な誤解を招く?英語で正しく謝るための6つの注意点

「ごめんなさい」という言葉、日本で生活しているとよく使いますよね。特に社会人の方にとって「謝る」ということは日常茶飯事ではないでしょうか?

「ごめんなさい」「すみません」「申し訳ございません」

などなど、日本では様々なシーンで飛び交う謝罪の言葉ですが、英語での謝りすぎには実は注意が必要なのです。

続きを読む